読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんチック

ブログおためし中

アニーとクララベル

 

 

トーマスの客車と言えばアニーとクララベルですな。

 

f:id:bonchic:20170307150908j:plain

 

日本語版アニメの声は、高くて可愛らしいですけど、英語版だとどちらかと言えば”オバさん”ぽい感じの声です。

 

「はやすぎよ おそすぎよ( Not so slow Coaches)」というお話と、「デイジーとアニーとクララベル(The Railcar and the Coaches)」というお話か結構好きです。

 

日本語版「はやすぎよ、おそすぎよ」では、アニーとクララベル、ケイトリン、メイビスの4役を吉岡吉岡さくらさんという一人の声優さんが演じられているそうです。すごいな〜。

 

その点で言ったら英語版だと、パーシーとゴードンとヘンリー、エドワードとジェームス、さらにトップハムハット卿も一人の声優さん(キースキース・ウィッカムさん)が演じてるみたいで、こんな人気シリーズコンテンツでそういうことがあるんだなぁと驚きました。てかそれが売りなのかな?